シマササバラン(島笹葉蘭)

Liparis bituberculata var. hatijyoensis


シマササバラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 クモキリソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの多年草。
     葉は厚く大きく光沢がある。
     花は多数つき、側花弁は両側に広がって咲く。色は紫褐色であるが、やや薄く緑色の部分があり、少し小さいことが、基本種のユウコクランと違う。

  • 分布・生育地

  •  東京都(伊豆七島) 常緑広葉樹林下

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2000年5月13日 東京都伊豆七島
     下  同 上

  • 撮影記

  •  伊豆七島のある島にキリシマエビネを撮影に行った際、案内してくれたI氏が「もう咲いているかもしれない」 と案内してくれた樹林下で咲き始めていた。
     この花は樹林下には多く株は一杯見ているものの、花期に来る機会がなく撮り残していた花であった。

    同じ科の仲間の花
花アップ