シナノショウキラン(信濃鐘馗蘭)

Yoania flava nom nud


シナノショウキラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 ショウキラン属

  • 特徴

  •  草丈20〜30cmの腐生ラン。
     キバナノショウキランの変種でよく似ている。
     相違点は基本種は花があまり開かないのに対し、本種はよく開くこと。
     花の黄色も鮮やかである。

  • 分布・生育地

  •  本州(長野県)まだよく判っていない
     ブナ帯落葉樹林下に稀

  • 花期
  • : 6月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年6月6日 長野県上伊那郡

  • 撮影記

  •  キバナノショウキランの花弁が平開するタイプ。
     前から長野県南部に分布することが知られていて、最近、変種とされた。
     キバナノショウキランに比べやや標高の高い所に分布し、花期も6月と同じ地域に生える基本種より早いような気がするし、花弁の形はどちらいえばショウキランの方に似ている。
     この仲間は、花期が短く、きれいな色も2〜3日しか持たない。写真の花も、もう少し傷み始めている。

    同じ科の仲間の花
花アップ