タカネサギソウ(高嶺鷺草)

Platanthera mandarinorum subsp. maximowicziana


タカネサギソウ

  • 科名・属名
  • : ラン科 ツレサギソウ属

  • 特徴

  •  草丈10〜20cmの多年草。
     葉は一番下の葉が大きくて茎を抱き、上の葉は段々小さくなる。
     花は草丈の割には大きく、淡黄緑色で5〜10個つける。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州中部
     多雪地の高山帯の湿った草原

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1996年7月14日 群馬県谷川岳
     花 1977年7月25日 岩手県早池峰山

  • 撮影記

  •  本州中部ではあまり多くないものの、雪の多い東北の山に登るとよく出会う。
     写真を始めた頃よく出かけた高山植物で有名な岩手県の早池峰山では、コケモモガンコウランの濃緑色のカーペットの上にこの花が咲いており、 目立ちにくいはずの黄緑色がやけによく目に付いた。

    同じ科の仲間の花
花アップ