タカネアオチドリ(高嶺青千鳥)

Coeloglossum viride var. akaishimontanum


タカネアオチドリ1

  • 科名・属名 : ラン科 アオチドリ属

  • 特徴 :
     草丈10cm程度の多年草。
     葉は3〜5個つき、長楕円形〜広披針形で長さ3〜5cm、幅1〜2cm。縁には細かな突起があり、基部は鞘になる。
     花は総状につき、萼片と側花弁は直立して蕊柱を囲み、長さ約5mm、唇弁は5mm以下、距は球形。

  • 分布・生育地 :
     本州(南アルプス)  高山帯の草地

  • 花期 :  7月

  • 撮影月日・場所 :
     2011年7月25日  山梨県南アルプス
     中、下・花    同  上

  • 撮影記 :
     「草丈が低くて見つけにくい」との話が頭にあり、見逃さないよう草の根元のランの小さな唇弁の形を一つずつ確認しながら歩いた。
     しかし、見つかるのはミヤマチドリホザキイチヨウランばかりで、目的のこの花は見つからない。
     もう駄目かと思い始めた頃、唇弁の先が小さく3裂しているこの花が見つかった。
     南アルプス特産のランであるが、小さい上に色も保護色、普通に歩いていては見つけられる花ではない。

  • 同じ科の仲間の花
タカネアオチドリ2

花