ツボミヤツシロラン(蕾八代蘭)

Gastrodia clausa


ツボミヤツシロラン1

  • 科名・属名
  • : ラン科 オニノヤガラ属

  • 特徴

  •  草丈3〜4cmの腐生ラン。
     根は紡錘状〜円筒形で、長さ2〜7cm、幅3〜9mm。
     茎は直立し、地上部では殆ど伸びず、花序を入れて低い。
     花は茎頂に1〜数個につき、暗褐色で萼片と花弁は癒合して先は合着し、長さ10〜12mm。表面は淡茶褐色のいぼ状のものが多い。
     花後花柄は伸び、15〜40cmの長さになる。

  • 分布・生育地

  •  沖縄  常緑樹林下

  • 花期
  • : 2月

  • 撮影月日・場所

  •  2012年2月26日  沖縄県
     中    同  上
     下・花    同  上

  • 撮影記

  •  沖縄本島北部の常緑樹林下で見つかったオニノヤガラ属の腐生ランで、2013年秋に発表された。
     同じものが台湾で見つかって2012年に先に新種として発表されているので、これは日本での新産地ということになる。
     発表された京都大学の末次氏の論文によると、@花筒が開かない。 A唇弁が花筒に合着し、通常唇弁の基部に見られる瘤状の付属器官がない。 Bずい柱の背面に大きな翼状突起がある。 ことが他のオニノヤガラ属には見られない特徴のようだ。

     幸運なことに発表前の2012年2月、発見者の花仲間とこの花を見る機会があった。
     同じ仲間のクロヤツシロランナンゴクヤツシロランも見つけにくいが、雨で暗かったとはいえ、この花は地面の色と同化しそれ以上に見つけにくかった。
     この仲間の腐生ランは、花後花柄が長く伸びて初めて気がつくことが多いが、翌年花の時期に同じ場所に出かけても発生していないことが多く、花に出会えるのはなかなか難しい。
     末次氏は、同時に南西諸島産の新種タケシマヤツシロランも発表したが、私自身南方で形態の異なる未発表の腐生ランを撮影しており、今後も新種や新産の発表が期待される。

    同じ科の仲間の花
ツボミヤツシロラン2

花