サツマサンキライ(薩摩山帰来)

Smilax bracteata


サツマサンキライ1

  • 科名・属名 : ユリ科 シオデ属
     注.APG分類ではサルトリイバラ科(SMILACACEAE)

  • 特徴 :
     草丈は10m位にもなるつる性の半低木。
     茎は太くて分枝し、疎らに刺がある。
     葉は卵形〜長楕円形で、長さ5〜10cm、幅3〜13cm。先は急鋭尖頭で、厚くてややツヤがある。
     花は雌雄異株で、葉液から長さ5〜8cmの枝を出し、散状花序に多数の花をつけ、時には分枝して2〜3個の花序をつける場合もある。
     花は黄橙色〜帯黄色、雄花の花被片は線状長楕円形で、長さ約5mm、開花時には著しく反り返る。雌花の花被片は卵形長楕円形で、長さ約2.5mm。
     果実(液果)は楕円形で長さ5〜7mm、黒熟する。

  • 分布・生育地 :
     九州(南部)〜沖縄  山地の林縁

  • 花期 :  12〜2月

  • 撮影月日・場所 :
     1994年12月25日  鹿児島県奄美大島
     (上は拡大写真あり。写真をクリック)
     中上 2014年1月21日  沖縄県国頭郡
     中下・花序 1994年12月25日  鹿児島県奄美大島
     左下・雄花 2014年1月21日  沖縄県国頭郡
     右下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     風もなく暖かな師走の奄美大島、山中の林道にぶら下がって咲いているビロードボタンヅルを見つけ、感激して撮影していると、そのすぐ近くにこの花が咲いていた。
     サルトリイバラなど、あまりパッとしない花のシオデ属の花のイメージを一変させてくれる素晴らしい花だった。
     同時に2つの珍しい花を見て熱気が内から沸いてきた。
     南の島は冬でも色々な花が咲くとはいえ春〜秋に比べると少ない。そんな中、全開の花の玉をを一杯ぶら下げたこの花は目を見張るものがある。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
サツマサンキライ2

花序

花