ヤブカンゾウ(藪萱草)

Hemerocallis fulva var. kwanso


ヤブカンゾウ1

  • 科名・属名
  • : ユリ科 ワスレグサ属

  • 特徴

  •  草丈50〜100cmの多年草。
     葉は長さ40〜90cm、幅2〜4cmの広線形。
     花は花茎の先に橙赤色で八重咲き、直径約8cm程度の花を数個つける。雄しべと雌しべは花弁化する。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州  道端や土手、林縁

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1995年7月18日 徳島県美馬郡
     中 2013年7月14日 茨城県行方市
     下・花    同 上

  • 撮影記

  •  中国の原産で、古い時代に帰化したと考えられている。
     このため、生えている場所も林縁や土手など人家の近くが多い。
     八重咲で花は大きく、よく似たノカンゾウは花弁が1重で大きさもやや小さいので区別できる。

    同じ科の仲間の花
ヤブカンゾウ2

花