ホソバノコギリシダ(細葉鋸羊歯)

Diplazium faureiei


ホソバノコギリシダ

  • 科名・属名 : イワデンダ科 ノコギリシダ属

  • 特徴 :
     草丈30〜60cmの常緑性シダ。
     根茎は長く横走し、線状披針形で暗褐色〜黒褐色の鱗片があり、疎らに葉をつける。
     葉身は単羽状複生、楕円状披針形〜広披針形、長さ20〜40cm、幅7〜10cm。羽片は幅約1cm、基部は切形で縁は鋸歯縁〜浅裂、質は革質で光沢がある。葉柄は硬く、緑色〜わら色、長さ20〜30cm、基部に暗褐色の鱗片があるが少ない。
     胞子嚢群は最下前側の小脈につき、線形。

  • 分布・生育地 :
     本州(南部)〜四国、九州、沖縄 (国外:台湾、中国(南部)、東南アジア)
     山地林下

  • 撮影月日・場所 :
     2014年1月21日  沖縄県国頭郡
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・胞子嚢群    同  上

  • 撮影記 :
     以前はミヤマノコギリシダの変種とされたいたが、最近は独立種とされているようだ。
     やんばるの山奥、歩く距離が長いうえ起伏が多いこの道、なかなか入り込む気は起きないが、この日は最奥の沢沿いの植物を求めて久し振りに歩いた。
     行きは下りが多く、先を急いでいるのでゆっくり撮影することはなかったが、1月というのに、サクラツツジ、リュウキュウミヤマシキミなど樹の花が満開状態で迎えてくれる。
     帰り道、今度は登りが多く足元を見ながら歩いていると、ほっそりしたノコギリシダに似た感じのこのシダが目に入った。
     葉身が細く、すっきりした感じの姿のいいシダだった。

  • その他のシダ
胞子嚢群