シノブカグマ(忍かぐま)

Arachniodes mutica


シノブカグマ1

  • 科名・属名 : オシダ科 カナワラビ属

  • 特徴 :
     草丈50〜80cmの常緑性シダ。
     根茎は短く、塊状で葉を叢生する。
     葉は3回羽状複生、葉身は三角状長楕円形〜卵状長楕円形、長さ(30-)34〜39(-42)cm、幅(14-)17〜22(-29)cm。側羽片は三角状卵形〜三角状狭卵形、長さ(10-)12〜15(-18)cm、幅(7-)7.9〜10(-13)cm、短い柄がある。小羽片は長楕円形、長さ(2-)2.3〜2.9(3.7)cm、幅(1-)1.1〜1.4(1-1.9)cm、羽状に全裂〜中裂する。最終裂片は菱状長楕円形、鈍頭〜鋭頭、縁は浅い鋸歯縁。質は硬い紙質で緑色で裏面はやや白っぽい緑色、光沢はない。
     葉柄は緑色で基部近くは淡緑色、長さ(14-)19〜25(-29)cm。鱗片は全体に密にあり、卵状長楕円形〜披針形、長さ(9.2-)14〜18(-21)mm、基部のものは褐色、上部のものは黒褐色。中軸の鱗片は背軸側でやや密、小羽片於中肋上のものは基部が袋状。
     胞子嚢群は葉身、羽片の頂点側からつき、葉脈に頂生し、裂片のやや辺縁寄りにつき、円形で径(1.1-)1.2〜1.4(-1.6)mm、包膜は円腎形で不斉の波状縁、無毛。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜四国 、九州(屋久島) (国外:朝鮮(鬱陵島))
     ブナ帯〜針葉樹林帯の林下

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 2015年7月21日  群馬県尾瀬
     中上・全体2、以下全て    同  上
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)

  • 撮影記 :
     尾瀬には40年前から30回近く訪れた。多分高尾山に次いで最も多く花見に訪れた山だろう。
     初めのうちはミズバショウニッコウキスゲなどの群落の撮影に、その後は目立たないラン類の撮影に訪れた。
     長い間撮影を続けているうちに、草本に加え木本類やシダなどにも目を向け始めると、同じコースでも全く違った植物が目に入ってくる。
     これまでならただ歩くだけだった針葉樹林下、このシダが目に入った。
     本州でも冷涼地に多いシダで、分布の中心は山地林下、比較的多いシダである。

  • 葉柄基部鱗片

    その他のシダ
シノブカグマ2

胞子嚢群

葉表