ホコザキウラボシ(矛先裏星)

Colysis insignis


ホコザキウラボシ

  • 科名・属名 :
     ウラボシ科 イワヒトデ属

  • 特徴 :
     草丈30〜50cmの常緑性シダ。
     根茎は短く多肉質で太く、込み合って葉をつける。
     葉は単葉から羽状に深裂して数対の裂片をつけるものまであり、裂片は全縁または波状縁、表面は緑色で乾いても黒変しない。葉柄はほとんど基部まで翼があり、わら色で基部以外は鱗片がない。
     胞子嚢群は葉裏に多数散在し、円形で径1.5mm。

  • 分布・生育地 :
     九州(南部)〜沖縄  低山地の沢沿い

  • 撮影月日・場所 :
     2010年3月19日  沖縄県西表島
     下・胞子嚢郡    同  上

  • 撮影記 :
     西表島の山中、僅かに水の流れる沢に沿い、滑りやすい岩場を詰めていくと、大きな岩にふさがれた。
     回りこむしかないかなと濡れた岩場を巻き始めると、色んなシダが生えているのが目に入った。
     ナンゴクホウビシダ、オオミミガタシダ、コウザキシダなど立派な株がいくつも生えている。
     その中に大きな葉を持つこのシダがあるのに気がついた。単葉のものもあったがほとんどが立派な側羽片をつけていた。
     水辺に生える同じ属のミツデヘラシダと形は似ているが、30cm以上と大きく、翼があること、表面が緑色であることなどが異なる。

  • その他のシダ
胞子嚢群