コシダ(小羊歯)

Dicranopteris linearis


コシダ

  • 科名・属名 : ウラジロ科 コシダ属

  • 特徴 :
     草丈50〜200cmの常緑性シダ。
     根茎は硬く、赤褐色の毛がある。
     葉はほぼ等分に分枝を重ね、最終の中軸枝と他の中軸枝の基部の副枝は葉状で羽状に深裂し、長楕円状披針形、長さ15〜40cm、幅3〜8cm。裏面は白く、赤褐色の毛が疎らにある。裂片は線形、幅3〜4mm、先は鈍頭か凹頭、全縁。葉柄は長さ20〜100cm、径2〜3mm。
     胞子嚢群は中肋と辺縁の中間に1列に並び、円形で0.8〜0.9mm。

  • 分布・生育地 :
     本州(福島、新潟県以南)〜沖縄 (国外:旧世界の亜熱帯〜熱帯地域)
     日当たりのいい林縁、山麓

  • 撮影月日・場所 :
     2007年4月28日  沖縄県西表島
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・胞子嚢群    同  上

  • 撮影記 :
     シダに全く興味のなかった頃、このシダは邪魔者以外の何者でもなかった。
     というのも、西表島の明るい草地に生えるナリヤラン群生地、しばらくするとこのシダが地表を覆いつくすように茂り、いつの間にか草本が消えてしまうことが度々あったからだ。
     本土でもこのシダが生えた林縁や草地は歩きづらく、これが繁茂しているだけで中に入る気をなくした。
     シダに興味を持ちはじめてからよく見ると、新葉の時期の姿は幾何学的で美しく、胞子嚢群も青みを帯びた葉裏に黄色の円いソーラスが1列に並び、可愛く美しいと感じるようになった。
     和名のコ(小)シダは、同じ科の別属でよく似たウラジロより小さいことからつけられている。

  • その他のシダ
胞子嚢群