ナガバクロカモメヅル(長葉黒鴎蔓)

Vincetoxicum nipponicum f. abukumense


ナガバクロカモメヅル

  • 科名・属名
  • : ガガイモ科 カモメヅル属

  • 特徴

  •  つる性の多年草。
     タチカモメヅルによく似ているが、全体に大型である。
     普通、花は帯黄白色をしていてオオアオカモメヅルというが、花が紫色を帯びるものをナガバクロカモメヅルという。

  • 分布・生育地

  •  本州(中北部) 湿地

  • 花期
  • : 7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  1996年8月25日 茨城県西茨城郡
     アップ 2004年10月17日 同上

  • 撮影記

  •  茨城県の湿地へミコシギクを撮影に行った際、果実になっているガガイモ科の花を見つけた。
     湿地に生えるといえばコバノカモメヅルであるが、葉の様子が違う。
     翌年夏、花を撮影に出かけた。タチカモメヅルそっくりの花が咲いており、調べたところ本種のようだ。
     平成16年、久しぶりに出かけたら、まだ株は健在だった。

    この科の仲間の花
袋果