ハマウツボ(浜靫)

Orobanche coerulescens


ハマウツボ

  • 科名・属名 : ハマウツボ科 ハマウツボ属

  • 特徴 : 草丈10〜25cmの1年草。寄生
     茎は黄褐色で太く、まばらに白い軟毛が生える。
     鱗片状に退化した葉は、披針形〜狭卵形で長さ1〜1.5cm。黄褐色で白い軟毛がまばらに生える。
     花は茎の上部に穂状に多数つけ、花冠は淡紫色で長さ約2cm、太い筒部のある2唇形で上唇は浅く2裂、下唇は3裂して縁は波打つ。
     果実(刮ハ)は狭楕円形で長さ約1cm。
     ヨモギ属、特に本州ではカワラヨモギに、北海道ではハマオトコヨモギによく寄生する。

  • 分布・生育地 :
     日本全土  海岸や河原の砂地

  • 花期 :  5〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     1998年6月28日  青森県八戸市
     中・花1    同  上
     下・花2 2014年7月8日  北海道北見市

  • 撮影記 :
      一度礼文島で枯れた株を見かけたものの、その後出会えずにいた。
     東北の海岸植物の撮影に八戸市に出かけた際、思いもかけずこの花が咲いていた。
     薄紫色の花はすぐに色あせてしまうが、ちょうど美しい時期に出会えた。
     カワラヨモギに寄生することが多いが、ここではハマオトコヨモギに寄生しているようだった。

  • 同じ科の仲間の花
花1

花2