ヒメヨモギ(姫蓬)

Aetemisia feddei


ヒメヨモギ

  • 科名・属名
  • : キク科 ヨモギ属

  • 特徴

  •  草丈1〜1.2mの多年草。
     茎はよく分枝し、しばしば紫色を帯びる。
     茎の下部の葉は花時に枯れ、中部の葉は長さ3〜7cm、幅3〜6.5cm。羽状に深裂し、裏面に白い綿毛がある。
     頭花は大きな円錐花序となって多数つき、径約1mmと小さい。花は柄がなく、総苞片は4列で、外片は短く広卵形。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州  やや乾いた草原

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年9月9日 大分県大分郡
     下・葉   同 上

  • 撮影記

  •  大分県のその草原は、春はキスミレエヒメアヤメ、夏から秋にはヒゴタイなどが咲き、何度か花見に訪れた。
     秋の草花との出会いを求めて訪れた9月、アザミ類やヨモギの仲間などキク科の花が期待に違わず出迎えてくれた。
     この花は多数の小さな花がつくのが特徴である。

    同じ科の仲間の花
葉