コフウロ(小風露)

Geranium tripartitum


コフウロ

  • 科名・属名
  • : フウロソウ科 フウロソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜80cmの多年草。
     茎はよく分枝して基部は倒伏し、茎の上部と葉柄には下向きの屈毛と圧毛がある。全体に腺体がない。
     葉は互生し3全裂し、裂片はさらに2裂し、大きな鋸歯がある。
     花は直径1cm程度で淡紅色〜白色。花柄や小花柄には下向きの屈毛と圧毛が密生する。

  • 分布・生育地

  •  本州(山形県、宮城県以南)〜九州
     山地の林下

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  1997年8月30日 高知県黒滝山

  • 撮影記

  •  山地の林下に生えるもののやや少ない種類で、あまり見ることはない。
     高知県にヒナシャジンを撮影に行った際、山中で見かけないフウロソウを見つけ、帰った調べたところ本種だった。

    同じ科の仲間の花