ミチノクエンゴサク(陸奥延胡索)

Corydalis orthoceras


ミチノクエンゴサク

  • 科名・属名
  • : ケシ科 キケマン属

  • 特徴

  •  草丈10〜20cmの多年草。
     ヤマエンゴサクによく似ているものの、全体に細長く、小葉も小さい。
     花は淡青色で、長さ10〜13mmと小さい。

  • 分布・生育地

  •  本州(中北部の日本海側)  山地の林下

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  1997年4月29日 新潟県北魚沼郡
     下 2009年3月21日 新潟県新潟市

  • 撮影記

  •  新潟県の山奥にアズマシロカネソウの撮影に出かけた。
     まだ芽吹いていない沢筋で目的の花を見つけ、ひょっとしたらと思っていたコシノチャルメルソウなどにも出会い、喜んで帰る途中の林下でほっそりしたこの花を見つけた。 想定外の花を見つけた日は喜びも倍加する。
     そのうえ、山菜獲りの地元のおばあさんから山独活を頂き、さらにバス停までの長い歩きの途中、「駅までなら」と通りがかりの農家の方に送ってもらった。
     花を見られた喜びに加え心まで温かくなった。

    同じ科の仲間の花
花