サイコクサバノオ(西国鯖之尾)

Dichocarpum dicarpon var. univalve


サイコクサバノオ

  • 科名・属名

  •  キンポウゲ科 シロカネソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜50cmの多年草。
     サバノオによく似ているが、舷部が1片のみでサバノオのように2つに分かれない点が相違点。
     花は白色で、花被片は5個で紫色の筋が入る。

  • 分布・生育地

  •  本州(近畿)、四国 温帯林下の日陰

  • 花期
  • : 3〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2002年4月28日 大阪府金剛山
     下  同 上

  • 撮影記

  •  四国の奥深い山でしか見られないと思っていた。
     大阪の金剛山にもあると知り、GWに出かけたら、登山客で混雑していた。
     しかし、登山道の周辺はシハイスミレミヤコアオイが咲いているにもかかわらず、目をむける登山者は少ない。
     目的の花はきっとこのあたりではないかと思っていた場所で、すぐに株を見つけた。
     しかし、花をつけていない。さらに探すと、沢沿いのやや湿った場所で、やっとうつむき加減に咲いているこの花を見つけた。
     花弁の紫色の筋がなんとも言えず気品がある。写真でも気に入っていたがますます好きになった。

    同じ科の仲間の花
花アップ