キリシマシャクジョウ(霧島錫杖)

Burmannia liukiuensis


キリシマシャクジョウ

  • 科名・属名

  • ヒナノシャクジョウ科 ヒナノシャクジョウ属

  • 特徴

  •  草丈10cm程度の腐生の多年草。
     全体が白色、細い茎の先にまばらな集散状に白い花をつける。
     花はシロシャクジョウより小さくて4〜5mm、短い柄がある。
     花筒は3稜があり、先端の縁は淡黄色を帯びる。

  • 分布・生育地

  •  本州(伊豆七島)、四国〜沖縄
     常緑樹林下

  • 花期
  • : 9〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1993年9月18日 東京都伊豆七島

  • 撮影記

  •  秋口、伊豆の島で撮影した。図鑑では伊豆七島の分布が記載されていない本がまだ多い。
     シロシャクジョウに似ているが、茎が細く繊細で花も小さく、先端の淡黄色部も違う。
     この時期、島ではハチジョウシュスランヤクシマアカシュスランも同時に見られ、充実した撮影行になった。

    同じ科の仲間の花
花アップ