ハマカキラン(浜柿蘭)

Epipactis helleborine var. sayekiana


hハマカキラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 カキラン属

  • 特徴

  •  草丈50cm前後の多年草。
     葉は楕円状卵形で長さ7〜12cm、数枚つく。
     花は、黄褐色を帯びた淡緑色、唇弁は淡紅色を帯びた白色。花は多数つく。

  • 分布・生育地

  •  本州(青森県〜愛知県)の太平洋側
     クロマツ林下

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  1985年6月29日 茨城県那珂郡

  • 撮影記

  •  本州の太平洋岸の黒松林の下に生える。海岸の松林は人の出入りも多く、関東周辺では減少している。
     この写真は茨城県の松林下で撮影した。ここは、まだ所々に生えていた。
     近くにはオオウメガサソウウンランなどもあり、花の少ない松林下でも楽しめた。

    同じ科の仲間の花
花アップ