カラフトアツモリソウ(樺太敦盛草)

Cypripedium calceolus


カラフトアツモリソウ

  • 科名・属名
  • : ラン科 アツモリソウ属

  • 特徴

  •  草丈30cm〜40cmの多年草。
     葉は3〜4個つき、長楕円形で長さ10〜15cm。先は尖る。
     花は1〜2個つき、唇弁は黄色で袋状、褐色の斑点がある。背萼片、側萼片、側花弁は狭長楕円形で先は尖り、全て紫褐色。

  • 分布・生育地

  •  北海道(礼文島)  草地

  • 花期
  • : 6月

  • 撮影月日・場所

  •  1992年6月6日 北海道礼文島
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  礼文島の鉄府にあるレブンアツモリソウの保護地の中にその花は咲いていた。
     キバナノアツモリソウによく似た形で、唇弁を黄色に、その他の萼片や側花弁を紫褐色にしたような花だった。
     この花は、人の手で持ち込まれたとの話もあり、自生種かどうかの激しい議論が交わされたいわくつきの花だ。今でもはっきりとした結論はまだのようだ。それ以前にも現在とはやや異なる場所に生えていたとの情報もあり謎は尽きない。
     ただ、北海道の北見・阿寒地方に知られる花(ドウトウアツモリソウ)は唇弁も茶褐色で、とはどう見ても違う花だと思う。

    同じ科の仲間の花
花