キバナアノアツモリソウ(黄花之敦盛草)

Cypripedium yatabeanum


キバナアノアツモリソウ

  • 科名・属名
  • : ラン科 アツモリソウ属

  • 特徴

  •  草丈10〜30cmの多年草。
     葉は互生するが接近して着くため対生に見え、広楕円形で、長さ10〜15cm、幅4〜10cm。先は鋭形。
     花は茎頂に普通1個つき、淡黄緑色で、径約3cm。背萼片は広卵形、側萼片は合着し楕円形、側花弁は斜卵形。唇弁は袋状で、側花弁とともに茶褐色の斑点がある。
     唇弁のこの斑点の模様は花ごとに少しづつ異なる。

  • 分布・生育地

  •  本州(中部地方)〜北海道
     草原、落葉樹林下

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  1985年6月23日 山梨県中巨摩郡
     中・群落 1979年6月24日   同 上
     中は拡大写真あり(写真をクリック)
     下・左、花 1977年7月3日   同 上
     下右、1茎2花 1973年6月26日   同 上

  • 撮影記

  •  ここは山梨県のある山の草原。草原やカラマツ林の下にこの花が群生している。
     ホテイアツモリソウは乱獲されて少なくなっていたものの、この花は中の写真のようにまだ沢山見られた。
     唇弁の模様がどの花を見ても少しづつ違い、まるで名札のようで見ていて飽きない。
     中には下右の写真のように1茎2花のものもある。
     この時期、林下にはイチヨウランヒメムヨウランコケイランなどのラン類が多く、何度か撮影に通った。
     最近、林道が奥まで入り、この花も大分少なくなったと聞いた。

    1茎2花

    同じ科の仲間の花
キバナアノアツモリソウ群落

花