ナガバトンボソウ(長葉蜻蛉草)

Platanthera tipuloides subsp. linearifolia


ナガバトンボソウ1

  • 科名・属名
  • : ラン科 ツレサギソウ属

  • 特徴

  •  草丈10〜20cmの多年草。
     ホソバノキソチドリの変種で、葉が線形となり花序は数花しか花をつけない。
     花は黄緑色で距が長い。

  • 分布・生育地

  •  本州(鹿児島大隈半島)、屋久島
     山地の湿った岩上、苔の中

  • 花期
  • : 7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年9月3日 鹿児島県屋久島
     中、下・花アップ  同 上

  • 撮影記

  •  屋久島の山に登ろうと思うと、どの山も結構なアルバイトを強いられる。比較的登山口の標高の高い宮之浦岳でも、山頂までのコースタイムが5時間もかかる。
     そのうえ、高地にはヤクシマ○○と名の付く特産種がいろいろと見られ、花に時間をとられると、山頂を極めることは難しくなる。
     それでも、歩いているだけで目につくヤクシマシオガマヤクシマアザミなどは見逃すことはないが、岩陰や草間にも多くの小さくて目立たない花が咲いている。

    同じ科の仲間の花
ナガバトンボソウ2

花アップ