オオバナオオヤマサギソウ(大花大山鷺草)

Platanthera sachalinensis var. hondoensis


オオバナオオヤマサギソウ

  • 科名・属名
  • : ラン科 ツレサギソウ属

  • 特徴

  •  草丈40〜70cmの多年草。
     オオヤマサギソウの変種でよく似ている。
     花は緑白色で花の各部が大きく、側萼片や距が3〜4cmと長い(母種は1〜2cm)のが特徴。

  • 分布・生育地

  •  本州(中部)〜九州 山地草原

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1986年8月19日 静岡県富士山
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  地元のS氏の案内で富士山の林道を奥へ分け入った時、林間の草地に咲いていた。
     距が長く、一見してオオヤマサギソウとは違うことが判った。
     この日は、キバナノショウキラントラキチランも見ることができて楽しい1日だった。

    同じ科の仲間の花
花アップ