オオハクウンラン(大白雲蘭)

Vexillabium fissum


オオハクウンラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 ハクウンラン属

  • 特徴

  •  草丈5〜15cmの多年草。
     花は白色でハクウンランに似ているが、葉の長さが9〜15mmと長いところが相違点。
     染色体数も異なっている。

  • 分布・生育地

  •  東京都(伊豆七島) 常緑広葉樹林下

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年7月25日 東京都伊豆七島
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  ハクウンランの大形のもので、伊豆七島に知られている。
     ハチジョウネッタイランと同じ時期に同じような場所で咲くので、両方を狙って出かけた。 ハチジョウネッタイランはなかなかいい状態に巡り合えないものの、この花は何とか撮影できた。
      薄暗い樹林下の白い花は、色が飛びやすく苦労する。

    同じ科の仲間の花
花アップ