トケンラン(杜鵑蘭)

Cremastra unguiclata


トケンラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 サイハイラン属

  • 特徴

  •  草丈30〜40cmの多年草。
     細い葉が2枚つく。
     花は、数個つき、萼片は薄い褐色に紫色の斑点があり、唇弁は白い。顎片は緑色のタイプもある。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜四国 落葉広葉樹林下

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1986年6月30日 北海道野幌森林公園
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  北海道札幌市の近郊にある野幌森林公園は植物が豊富である。
     ランも多く、ある年の夏、サルメンエビネとともに多かったのがこのランだった。
     雰囲気的にはコケイランに似るが、サイハイラン属で全体に大きくがっしりした感じがある。
     写真は顎片の黄緑色のタイプで、下の写真のように薄い褐色のタイプもある。

    同じ科の仲間の花



褐色タイプ