ユウシュンラン(祐舜蘭)

Cephalantera subaphylla


ユウシュンラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 キンラン属

  • 特徴

  •  草丈5〜15cmの多年草。
     葉は退化してないか、あっても2〜3cmで小さい。
     花は白色で茎頂に数個つく。花被片は全開しない。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州 落葉樹林下

  • 花期
  • : 4〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1995年5月7日 栃木県那須郡
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  草丈の低い、葉のないギンランといった風情である。
     しかし、草丈に比べて花は大きくギンランとは違い少し花弁も開くので、花としてはずっと見応えがある。
       ギンランよりもすこし山地に入ったところに生え、比較的群生することが多い。  この写真は、遊園地の喚声が聞こえる栃木県北部の雑木林の下で撮影した。近くにはサクラソウセンダイタイゲキなども咲いていた。

    同じ科の仲間の花
花アップ