イトラッキョウ(糸辣韮)

Allium virgunculae


イトラッキョウ1

  • 科名・属名 : ユリ科 ネギ属
     注.APG分類ではヒガンバナ科(AMARYLLIDACEAE)

  • 特徴 :
     草丈8〜20cmの多年草。
     鱗茎は狭長楕円形で、長さ2〜2.5cm。
     葉は根元から出て、長さ10〜25cmの細い円筒形で径約1mm、中実。
     花は花茎の先に散形状に2〜12個上向きに咲き、花被片は紅紫色。外花被片は広楕円形でボート状、先は円く、長さ4〜6mm。内花被片は平で長さ4〜6mm、幅2.5〜4mm。雄しべは花被片より長く、花糸の間に小さな突起がある。
     稀に白い花のものがあり、
     オトメラッキョウ(f. albiflorum)(左下の写真)という。

  • 分布・生育地 :
     九州(長崎県平戸島) (国外:固有)
     岩場

  • 花期 :   10〜11月

  • 撮影月日・場所 :
     2015年11月2日  長崎県平戸島
     中上 1993年10月30日    同  上
     中下・オトメ混生 2015年11月2日    同  上
     (左3枚は拡大写真あり、写真をクリック)
     下左・オトメ、以下全て    同  上

  • 撮影記 :
     長崎県の平戸島の特産種で、山地の岩場に生える。
     平戸島にはこの花やダンギクヒナヒゴタイなど珍しい植物が多く、秋も深まった頃出かけた。
     この花があるというある山、草紅葉をかきわけて登っていくと、岩場が出てくるあたりで満開の花を見つけた。
     花は径1cm近くあり、割合に豪華で見映えがした。中には下の写真のように白花に近いものもあった。
     近くにはチョウセンノギクなども咲いていて、初めての花との出会いを満喫した。
     その後2十数年ぶりに訪れると、以前と違い道ははっきりし、花は変わらず残っていた。

  • 花

    葉

    同じ科の仲間の花
イトラッキョウ2

オトメラッキョウとの混生

オトメラッキョウ