タニタデ(谷蓼)

Cirvaea erubescens


タニタデ

  • 科名・属名 : アカバナ科 ミズタマソウ属

  • 特徴 :
     草丈20〜50cmの多年草。
     茎は無毛で、普通赤みを帯びる。
     葉は対生し、長卵形〜卵形で長さ3〜8cm。先は尖り、縁に低い波状の鋸歯がある。
     花は長さ6〜10cmの花序に総状につき、花弁は白色〜淡紅色で下向きに咲き、先端が浅く3裂する。萼片は赤色。
     果実(堅果)は長卵形で、径2〜2.5mm。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州  山地の湿った林下

  • 花期 :  7〜9月

  • 撮影月日・場所 :
     2005年7月18日  神奈川県厚木市
     中・花序 1996年8月18日  東京都三頭山
     下左・花 2014年7月23日  神奈川県丹沢
     下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     盛夏の頃は涼を求めて高山の花見に出かけることが多いが、毎週出かけるには体力が持たない。たまには、そう遠くない奥多摩の山に夏の花を見に出かける。
     この時期日差しは相変わらず強いものの、日陰では秋の訪れを感じさせるような爽やかな風が吹き抜ける。
     谷筋には、レンゲショウマギンバイソウタマガワホトトギスなどが咲いている。
     そんな登山道際に小さな目立たない花をつけたこの花が見られる。花の感じはミズタマソウによく似ていてアカバナ科であることがわかる。葉がタデに似て谷あいに咲くことからこの名が付けられている。

  • 葉 同じ科の仲間の花
花序 花