ヒダカソウ(日高草)

Callianthemum miyabeanum


ヒダカソウ

  • 科名・属名
  • : キンポウゲ科 キタダケソウ属

  • 特徴

  •  草丈10cm前後の多年草。
     キタダケソウに似ているが、花弁が細い、第一次頂小葉の柄が短い、葉身の基部が広がる点が異なる。
     花は白色で、葉が展開する前に開く。

  • 分布・生育地

  •  北海道(アポイ岳)(固有)
     蛇紋岩の岩場

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1982年5月16日 北海道アポイ岳
     拡大写真あり(上の写真をクリック)

  • 撮影記

  •  北海道アポイ岳の特産種で、まだ他の植物が生え揃わない時期に花を咲かせる。
     初めてこの山を訪れたのは昭和57年5月半ば、少し早いかと思ったが花期はちょうどよかった。 当時は、まだ蛇紋岩の岩礫地に写真のように沢山花をつけた大株があった。サマニユキワリヒダカイワザクラエゾキスミレなど、見る花全てが珍しかった。
     2、3年前TV放送でこの花の盗掘問題を取り上げていた。放送によると、今では2花咲かせる株を見つけるのに苦労するというくらい減少しているそうである。

    同じ科の仲間の花
花アップ