アイヌタチツボスミレ(アイヌ立壺菫)

Viola sacchalinensis


アイヌタチツボスミレ1

  • 科名・属名
  • : スミレ科 スミレ属

  • 特徴

  •  草丈5〜15cmの多年草。
     地上茎があり、葉は円心形でやや厚く、浅い鋸歯がある。
     根元から出なく茎葉の腋から花茎を伸ばし、先に淡紫色の花をつける。側弁に短い毛がある。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜東北北部、白馬岳
     樹林下や岩場

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年5月12日 北海道礼文島
     下 1983年6月11日  同 上

  • 撮影記

  •  タチツボスミレオオタチツボスミレに似るが、本種は側弁に短い毛がある。  葉に光沢がなく厚みがあるので、見た目でも違うことがわかる。
     5月中旬に訪れた礼文島は、まだお花畑もエゾエンゴサクの青紫色ばかりで、エゾノハクサンイチゲも咲き始めたばかりだった。
     何もないように見えた枯草の中、この花が寒そうに咲いていた。

    同じ科の仲間の花
アイヌタチツボスミレ2