ミヤマタニタデ(深山谷蓼)

Circaea alpina


ミヤマタニタデ1

  • 科名・属名
  • : アカバナ科 ミズタマソウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜20cmの多年草。
     茎は無毛か細毛を散生する。
     葉は対生し、三角状広卵形で長さ1〜4cm、幅0.7〜3cm。縁には波状の鋭鋸歯があり、基部は浅心形。
     花は10cm程度の花茎に総状につき、花弁は2弁、白色で径3mm。萼片は帯紅色で花弁より長い。
     果実は長倒卵形で長さ1.5mm、かぎ状の刺毛がある。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州 深山や高山の林下

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年8月17日 山梨県北岳
     中、下  同 上

  • 撮影記

  •  日本第2の高峰南アルプスの北岳は登山家の憧れであるとともに、6月のキタダケソウから9月のヒメセンブリまで数多くの高山植物が咲き乱れる花の山である。
     朝暗いうちから多くの登山客が登り始めるが、多くは変化の多い大樺沢沿いの登山道を登る。
     登山道沿いにもコウシンヤマハッカやカイタカラコウといった特色ある花が見られるが、先を急いでいる登山客には花を愛でる余裕も無さそうだ。
     そうでなくとも目立たない小さな白い花、この花のために立ち止まる人もカメラを向ける人もほとんど見かけない。
     花はタニタデに似ているが、葉が丸く鋸歯があるので違いははっきりしている。

    同じ科の仲間の花
ミヤマタニタデ2

花アップ