ヒメイカリソウ(姫碇草)

Epimedium trifoliatobinatum


ヒメイカリソウ

  • 科名・属名
  • : メギ科 イカリソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの多年草。
     葉は2出してから3出するものが多く、小葉は夏緑性で洋紙質、卵形で長さ3〜10cm、幅2〜6cm。先は鋭頭。
     花は総状に下向きに咲き、白色で2輪に並ぶが、外側の4個は早落性、内側の4個は花弁状、花弁は4個、基部には長さ10〜15mmの短い距がある。

  • 分布・生育地

  •  四国(高知、愛媛)  蛇紋岩地

  • 花期
  • : 3〜4月

  • 撮影月日・場所

  •  2012年4月12日 高知県南国市
     中・花   同 上
     下・葉柄   同 上

  • 撮影記

  •  高知県にはイカリソウの仲間が多く、蛇紋岩地にこの花が、石灰岩地や蛇紋岩地にヤチマタイカリソウが、海岸近くにはシオミイカリソウがあり、そのほかサイコクイカリソウなどもあり雑種も見られるようだ。
     そのうち2種ほどが未撮影になっていて、4月上旬、徳島の花仲間のS夫妻と訪れた。
     自生地は蛇紋岩地の小さな丘、斜面にピークは過ぎたものの、白い花がいくつか残っていた。
     葉が2出してから3出し、距が短かいのが特徴で、その点も確認しながら撮影した。

    同じ科の仲間の花
花